東京ディズニーリゾートで入場制限を回避する方法

友達、彼女、家族とせっかく予定を合わせて行った東京ディズニーリゾートで、入場制限がかかっていて入場できなかったら大変です。しかし、日本で最も人気のあるテーマパーク「ディズニーリゾート」では、人気があり過ぎてテーマパークに人が入りきれないという事態が発生して「入場制限」がかけられる事があります。

入場制限にあうと大変!せっかく遊びに来たディズニーリゾートで、入場制限が解除される夕方まで入場出来ない可能性が高くなってしまいます。そこでディズニーリゾートで入場制限に合わない方法について知っておくべき事をまとめました。

 
先に入場制限について知る
 
ディズニーランドとディズニーシーの入場制限とは、入園者数が多すぎてパークに人が入りきれないので、当日チケットの販売を一時的に取りやめる事です。1つのパークに7万人が入場すると制限がかかる(キャストが言ってた)とされています。つまり、入場制限がかかる日というのは、2つのパークに約14万人が押し寄せ、2万台の駐車場が満車状態になった状態でかかります。
 
ディズニーリゾートでは、年間に何度かこの「入場制限」が行われます。最も時間帯が早い入場制限としては、朝8時15分が年に1回ほど、朝8時30分の入場制限が年に数回ほどあります。それ以外にも9時頃から入場制限があったり、10時頃に入場制限がかかったりする事もあります。最近の入場制限は、午前中に「ディズニーランド」→「ディズニーシー」の順で入場制限がかかり、「ディズニーシー」(14時頃)→「ディズニーランド」(15時頃)に解除される事が多いようです。
 
東京ディズニーリゾートの状況を確認
 
東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター に電話をする事で、最新の入場制限状況を確認する事ができます。ディズニーリゾートにお出掛けする前にパークの状況を確認したり、ディズニーランドとディズニーシーを選択する時に混み具合などを調べるのに利用するのが良いでしょう。
 
普通の電話・携帯:
・0570-00-8632(9:00~19:00)
PHS・一部IP電話:
・045-683-3777
 
ディズニーeチケットを購入する
 
ディズニーeチケットの購入は、最も簡単に入園保障を受けられるシステムです。ディズニーランド or ディズニーシーのチケットを事前に「日付け指定」のものを購入してプリントアウトしおく事で、プリントアウトした券をそのまま「ディズニーリゾートの入場券」として利用する事ができるのです。日付けが指定してあるチケットさえあれば、入場制限の中でも入場できます。
 
特に春休み・夏休みの土日などは、チケット購入場所にも列が出来ますので、ディズニーeチケットの活用を強くオススメします。ディズニーeチケットは、ディズニーに行く2ヶ月前から購入できます。春休み・夏休みなど込み合う時期の場合には、ディズニーランドに行く「前日」にでもホテルでプリントアウトして準備しておくのも良いでしょう。
 
ディズニーeチケットのメリット
・自宅で購入可能
・入園保障
・窓口で並ばない
 
購入に必要なもの
・クレジットカード
・プリンター
 
ディズニーeチケット
 
入場制限がかかる時期を知る
 
ディズニーランドとディズニーシーに入場制限がかかる時期というのは、多くの人が「休める時期」です。入場制限がかかるような日に行くと、乗り物に乗ったり、レストランで食事をするだけでも時間がかかってしまいます。ディズニーランドに行く時には、出来るだけ混まない日を意識して行く方がスムーズに楽しめる事は間違いないでしょう。ディズニーランドが最も混んでいる季節は、春休み(3月)と言われているので、春休みを外すだけで入場制限にかかる可能性を減らせます。

入場制限がかかりやすい時期
・天気がいい
・春休み・夏休み
・土日(特に3月9月10月の土日)
・大型連休中
・イベントがある
 
チケット売り場に早朝から並ぶ
 
混雑する連休中、休み中の土日などにディズニーの日付けチケットを持っていない(もしくはオンラインで買えない)というのであれば、早朝からディズニーランドやディズニーシーのチケット売り場に並ぶ事になります。朝早くから入場制限がかかるような場合には、開園時間の1時間ほど前にチケット売り場に並んでおけば、キャストが1列になって手を上げて歩いているので、そのキャストに囲って貰えば確実に入場できます。
 
ディズニーホテルに宿泊する
 
ディズニーホテルに宿泊する事によって、入場制限なしに入場する事ができます。しかも、混んでいる日であれば、ファーストパス(乗り物予約券のこと)をゲットして、その時間になるまでホテルで休んでいるというような事も可能になります。ただし、ディズニーホテルは高額ですし、混んでいれば混んでいるほど宿泊が取りづらい状況になります。

入場を最初から諦める

入用制限がかかる状況はディズニーパークがとても混みあっているので、1つのアトラクションの待ち時間は、120分(2時間)以上が当たり前になります。人気のアトラクション(スプラッシュマウンテン)などでは、待ち時間が160分(3時間)という事になります。お金払って入場して、アトラクションの待ち時間だけで時間を過ごすのは悲しすぎます。また、トイレをするのに待ち時間、ショップで買い物をするのに待ち時間、レストランで食事するにも待ち時間があり、もう何しに来てるのか分からないような状況になる事もあります。入場制限がかかるような日には、入場しないのもひとつの選択肢ではあります。
 
おわりに
 
ディズニーリゾートは、東京からのアクセスも便利ですし、子供からお年寄りまで気軽に楽しめるテーマパークです。とても楽しいテーマパークですが、遊ぶために時間もお金もかかるので、1年に1回以上も行ける人はそれほど多くはないでしょう。せっかく家族や恋人と時間をかけて行ってみたら「入場制限」だったりすると本当に笑えません。混雑した日を回避したり、日付け指定のチケットを取るなど、楽しむ為の準備もしっかりしておきましょう。
 


 

 

評価: 
Average: 4.5 (2 votes)

タグ: 

カテゴリー: 

ホテルの情報: 

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ

ホテル総合評価
冒険の余韻をそのままに・・・。パークに滞在できるディズニーホテル。

最低宿泊価格 : 127500

【住所】千葉県浦安市舞浜1-13
【電話】047-305-2222
【FAX】 047-305-1172
【駐車場】1泊目\2,000/2泊目以降1泊ごと\1,000
【アクセス】ディズニーリゾートライン「東京ディズニーシー・ステーション」下車(約10分)

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ詳細情報

このホテルのレビュー・口コミ

このホテル宿泊プラン一覧


立地
アクセス:ディズニーリゾートライン「東京ディズニーシー・ステーション」下車(約10分)


東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの詳細情報

投稿の多いタグ

恋愛 (64) デート (38) ホテル (29) 旅行 (28) クレジットカード (19) 海外旅行 (19) 観光 (16) 健康 (15) 楽天 (14) 恋人 (14) 結婚 (14) 彼女 (13) 東京 (13) お台場 (12) 30代 (11) お金 (11) 男性 (11) 高級ホテル (10) 歯周病 (10) 江ノ島 (9)