札幌旅行で絶対に行くべき観光スポット

札幌市は、道庁所在地があって北海道で最も大きな都市tになっています。政令指定都市に指定されていて、全部で10個の区を持っています。政令指定都市中では浜松市・静岡市に次ぐ広大な面積を持っており、全国の市の中で4番目となる約190万人の人口を有している巨大都市です。札幌市の人口は、北海道の各地から移住してくる人が多いので、増加傾向にあります。

北海道の観光に来る多くの観光客は、札幌市にも立ち寄る事が多くなっており、観光地としても有名です。札幌市の観光地は、時計台であったりテレビ塔、札幌大通公園など沢山あります。また、毎年冬に「札幌雪まつり」が開催されるので、雪まつりの開催期間中には、多くの観光客で賑わいを見せます。



さっぽろテレビ塔

さっぽろテレビ塔は、北海道札幌市中央区大通西1丁目の大通公園内にある電波塔です。1957年(昭和32年)に完成した歴史あるテレビ塔で、1957年8月24日に開業・電波の発射を開始しています。1961年(昭和36年)に松下電器産業(現パナソニック)の寄贈で、展望台の下の地上65メートルの四面に電光時計が取り付けられました。

現在では、さっぽろテレビ塔は、札幌市のシンボルとして親しまれています。また、展望台からさっぽろ市の大通公園を見渡す事ができるので、観光客の人気スポットとして親しまれています。



札幌時計台

札幌市時計台(さっぽろしとけいだい)は、北海道札幌市中央区北1条西2丁目にある歴史的建造物である。国の重要文化財。正式名称を「旧札幌農学校演武場」(きゅうさっぽろのうがっこうえんぶじょう)と称する。通称として「札幌時計台」または、単に「時計台」と呼ばれることも多い。

札幌時計台


さっぽろ羊ヶ丘展望台

さっぽろ羊ヶ丘展望台は、北海道札幌市豊平区羊ケ丘にある北海道内でも屈指の観光名所となっています。南東方向から札幌市街を展望する事ができて、それを背景として腕を伸ばしたウィリアム・スミス・クラーク博士の全身像が展望台内に置かれている風景が有名です。

さっぽろ羊ヶ丘展望台


北海道庁旧本庁舎

北海道庁旧本庁舎は、かつて北海道庁の本庁舎として建築された煉瓦造りの西洋館(国の重要文化財)です。「旧道庁」や「道庁赤レンガ庁舎」、「赤レンガ」などと呼ばれていて、札幌に住んでいる人であったり、観光客にも公開されて親しまれています。

北海道庁旧本庁舎

札幌大通り公園

大通公園は、札幌市の中心部を東西に横切る公園です。中央区大通西1丁目から大通西12丁目まで長さ約1.5kmにわたって連なる。札幌の都市計画の基線となる大通りとして設けられ、徐々に公園として整備された。
 
大通り公園
 
モエレ沼公園

自然の沼地としては危機的な状況にあるとして、その保全を兼ねた大規模な水郷公園に改造する事業に札幌市が1978年(昭和53年)から着手することになったのが始まりです。当初の構想では野球場や植物園を設置する一般的な公園の構想で、1983年(昭和58年)に約1800本の桜が植えられるなど桜の名所も目指していた。
 
モエレ沼公園
評価: 
記事の感想を投票してね!

タグ: 

カテゴリー: 

投稿の多いタグ

恋愛 (64) デート (38) ホテル (29) 旅行 (28) クレジットカード (19) 海外旅行 (19) 観光 (16) 健康 (15) 楽天 (14) 恋人 (14) 結婚 (14) 彼女 (13) 東京 (13) お台場 (12) 30代 (11) お金 (11) 男性 (11) 高級ホテル (10) 歯周病 (10) 江ノ島 (9)