放射能に汚染された食材で内部被曝を避ける方法

多くの人がスーパーで産地を気にせずに野菜を購入したり、お魚を購入したりしています。とても残念な事ですが、福島原発の事故以降に日本で出荷される野菜の多くは放射性物質によって汚染されています。

セシウムなど放射性汚染物質を長期的に体内に取り込まない為には、避けること、減らすことがとても重要になります。特に子供を持つ家庭では徹底すべき大切な事です。

 
汚染地域の野菜は避ける
 
最初に汚染地域の野菜を避ける事が大変重要です。福島の周辺地域である宮城、栃木、茨城、群馬、新潟産のものは、放射性物質が含まれている可能性が特に強いので絶対に買わないようにしましょう。農家の人には申し訳ないですが、自分と家族の身を守る事を優先する意識が大切です。
 
牛乳を避ける
 
水分に放射性物質が凝縮するので、牛乳は出来る限り避けましょう。特に産地が曖昧であったり、福島周辺の牛乳など絶対口にしてはいけません。どうしても乳製品を口にする場合には、牛乳に比べると乳脂肪分が高くなる生クリーム、バター、チーズなどを食べましょう。ヨーグルトに含まれる液は飲まずに捨てましょう。

外食・加工食品を避ける
 
外食すると加工された料理が提供されるので、食材の産地がどこであるか知る事が出来ません。福島周辺の野菜、果物、肉、お米などは、他県に比べて非常に安い価格で市場に出回っているので、外食業者が安い価格で購入、加工して提供している可能性があります。外食は出来る限り避けるようにしましょう。最近の加工食品は外国で加工されるものも多いですが、何が入っているか分からない加工食品も出来るだけ避けた方が良いでしょう。
 
水で良く洗う
 
水で良くあらう事によって、表面に付着していた放射性物質を洗い流す効果があります。野菜類は、表面の皮をむいたり、水で良く洗うだけで放射性物質をかなり落とす事が出来ます。しっかりと綺麗に洗ったり、皮をむいたりしてから食材として利用するようにしましょう。稲のヌカなどは皮の部分にあたるので食べないようにしましょう。
 
塩水に漬けておく
 
塩水に野菜を漬けておくという方法は、放射性物質を内部から取り除く方法として有効です。塩水に漬けておくことで、内部の放射性物質が塩水の中に染み出して、放射性物質をある程度は除去する効果が確認されています。小さく切った野菜などは、漬物のように出来るだけ塩水に漬けておいてから食べるようにしましょう。
 
煮汁を捨てる
 
お肉も塩水に漬けておく事が放射性物質を取り除く有効な手段です。1晩ほど塩水に漬けておけば、半分の放射性物質は取り除けるとされています。また、子供が居る家庭などでは、お肉を煮た煮汁を捨ててしまえば、更に放射性物質を取り除く事に効果的です。お肉の甘みが損なわれますが、放射性物質対策として仕方ない事と割り切りましょう。
 
おわりに
 
放射性物質というものは、体内に一度取り込んでしまうと、決して排出されない有害なもの(ストロンチウム、プルトニウムなど)があります。排出されないで体内に累積されると、癌の原因になったりする可能性が指摘されています。特に子供の時に内部に放射性物質を取り込んで大きくなると、後から深刻な症状が現れる可能性も指摘されています。また、妊婦さんなどは、生まれてくる子供に悪影響を与える可能性もあります。数十年後に影響が出る前に今の段階で出来る対策をとっていきましょう。

 

 

評価: 
Average: 3.6 (21 votes)

タグ: 

カテゴリー: 

投稿の多いタグ

恋愛 (64) デート (38) ホテル (29) 旅行 (28) クレジットカード (19) 海外旅行 (19) 観光 (16) 健康 (15) 楽天 (14) 恋人 (14) 結婚 (14) 彼女 (13) 東京 (13) お台場 (12) 30代 (11) お金 (11) 男性 (11) 高級ホテル (10) 歯周病 (10) 江ノ島 (9)