お金が貯められるようになる方法

お金がないと心に余裕がなくなって、心がすさむとも言われています。手元に常に余裕の資金があれば、友達と交流する時にも余裕を持って接する事が出来ます。いつ大きいお金が必要になるか分からないので、日頃からお金を十分に蓄えておく事が大切です。


 
お金の貯蓄計画を立てる
 
いつまでにどれぐらいのお金を貯めるのかを計画する必要があります。自分の収入に合わせて、どれぐらいお金を貯められるかを計画します。自分の手取り収入に合わせて、貯蓄できる金額を考えていきましょう。
 
手取りの収入が「1ヶ月20万円」であれば、月に5万円ずつ貯蓄すれば、1年間に60万円貯める事ができます。100万円を貯めるという目標を考えると、20ヶ月(1年8ヶ月)かかる事になります。自分の貯蓄したい「目標金額」を設定して、現実的な貯蓄プランを考えていきましょう。
 
財布を整理する
 
お金が貯まる人の特徴は、財布をきっちりと整理している人に多いとされています。財布がきちんと整理されているという事は、他の部分もきっちりとしているという事です。自分の財布の中を見直して、不要な物を捨てる・持ち歩かないようにしましょう。
 
支出の管理
 
限られた収入の中でお金を貯めるには、支出のコントロールが何より重要になります。お金を貯めるには、収入よりも支出が少ない必要があります。支出を少なくする為の方法を身につけておきましょう。
 
・レシートを整理して保管する
 
レシート・領収書などを整理して保管する事は、お金を貯める上で非常に大切です。買い物をした時に貰えるレシート・領収書などは、1ヶ所にまとめて保管しておくようにしましょう。また、週末などの空いた時間には、レシート・領収書などをノートに記録として書き出すのも良いでしょう。
 
・朝食を自宅で済ませる
 
朝食をコンビニで食べていると、1ヶ月あたりの食費が跳ね上がってしまいます。朝食をコンビニで買わず、自宅で食べれるように工夫しましょう。例えば、前の日にスーパーで値下げされた食品を購入しておくなどの方法もあります。
 
・欲しいものを今すぐ買わない
 
自分の「欲しい物」と「必要な物」は異なっています。給料が入ってきて、口座にお金があるからと、「欲しい物」を購入していると、お金は貯まる事がありません。「欲しい物を買う」のではなくて、「必要な物を買う」ようにすれば、お金の使い方が計画的になります。
 
インターネットなどを見ていて「欲しくなった物」があったら、衝動買いをせずに単に「これ欲しい」とメモしておいて、本当に必要になる時まで待ちましょう。半分以上の「欲しくなった物」は、そのまま買わずに居ると買いたい衝動も忘れてしまいます。
 
・迷った時は買わない
 
購入すべきかどうか迷った時には、買わない方を選択する事が大切です。購入すべきかどうか迷うという事は、自分にとって必要性が高い訳ではないからです。お金は、いつでも使えるので、とりあえず貯蓄しておいて、どうしても必要になった時に購入すれば良いでしょう。
 
ギャンブルを絶対にしない
 
収入が多いにも関わらず、お金に困っている人の多くは、ギャンブルに使ってしまった人です。パチンコやスロットなどのギャンブルは、お金を一気に減少させる要因になります。また、ギャンブルにお金を使うと、自分の人生設計自体に打撃を与える可能性が出てきます。パチンコやスロットなどのギャンブルにお金を使わない事は、計画的にお金を貯める上で最も大切な事です。
 
おわりに
 
お金は自分を守るものにもなるので、日頃からしっかりとお金を貯める習慣を身に着ける事が大切です。その一方で、20代はお金を貯める事よりも自己投資して将来の貯蓄を増やす方が良いという考えもあります。自分の人生設計を考えながら、貯蓄と消費のバランスを考えるようにしていくと良いでしょう。
評価: 
記事の感想を投票してね!

タグ: 

カテゴリー: 

投稿の多いタグ

恋愛 (64) デート (38) ホテル (29) 旅行 (28) クレジットカード (19) 海外旅行 (19) 観光 (16) 健康 (15) 楽天 (14) 恋人 (14) 結婚 (14) 彼女 (13) 東京 (13) お台場 (12) 30代 (11) お金 (11) 男性 (11) 高級ホテル (10) 歯周病 (10) 江ノ島 (9)